春濁りの季節・・。

4月も中旬になり春濁りの季節がやって来た(かな)?

水温:16~17°

透明度:5~8m

先日まで10m↑位は見えていたんだけどエントリーしたらエッて思いました。

どよんとした潮でついにこの季節がやって来たのかな・・。

でもだとしたら、魚達にとっては恋の季節突入。この潮が今年の元気の源になります。

あまり見えないのは少しの間我慢して下さいね。

 

そんな中で今日は3本。

「御黄金」のハクセンカクレエビは健在。

白いスナイソギンチャクに集う彼ら(3個体)は今年の主力になってくれるでしょう。

シラコダイの群も見事でしたよ。

あんなに居るんだから何時かマンボウに会えると思いますね。

 

その後「沖の根」を2本。

魚の総量はまだまだ少ないですけど‥。沖の根の上部のメジナは凄いですよ。ウワ~と思うほど集結しています。

で、2本目☆トビエイが飛んでました。

「西の根」の南側-16m程で2枚。

尻尾のの有るのと無いのが、ス~っと滑っていきました。

結構ユックリ見られましたよ。

あとは、テングダイかな。

先週見られていたペアより小さい感じがしたので別個体かも・・。

そうだとしたら嬉しいですね。