潜れる日には潜っとこう。

昨日・今日と良い凪模様。

昨日は所用が有ったので、今日は潜ってきました。

 

水温:16~17℃

透明度:12~15mオーバー

少し白い感じでクリア!とはいかないけど、波もほとんど無く良いコンディションでした。

 

透明度が良いんで「沖の根」全体を深場から浅場まで大きく回ってきました。

全体的に小魚群は減少傾向ですガ、これは仕方ありませんねぇ・・。

ただ、メジナやイスズミは多くなっています。彼等は寒くなるにつれて元気が出てくる魚達です。

前回報告した「イサギ群」は今日も健在でした。

前回出会った場所とは違うけど基本的には根付いているようです。いつまで居てくれるか楽しみです。

オキナヒメジもまだまだ群れていますよ。

スケールは小さくなるけど「北の三角岩」周辺のキンギョハナダイ群は綺麗でした。

 

マクロ系では、アカシマシラヒゲエビ・コクテンベンケイハゼ・ガラスハゼ等は良い被写体になってくれると思います。もちろんギンポ系はたくさん居ましたよ。

彼等ならこれからもOKでしょう。

南方系では、ノコギリハギ・フタスジリュウキュウ・アブラヤッコ・ミツボシスズメ群が残っていました。

小さい体でいつまで頑張ってくれるかなぁ・・。

 

今週末は久々に良いコンディションで潜れそうです。

天気は良いはず。ただ、日曜日には多少南風が出てくるかも知れません。