水温下がりました。

11月第4週は西から南西の風が続いて、ようやっとボートが出せたのが26日。

潜ってみたら、前週に比べて水温が下がっていました。

 

11月26日の海洋状況。

水温:17~18℃

透明度:5~10m

午前中は良い凪。午後は若干南西風が強まりました。

 

前日よりお泊りのゲストと早くにお着きのショップさんとで早目(9:00)の出港です。

「沖の根」のハタンポ群は数を増しています。

キンギョハナダイのオレンジやソラスズメのブルーが混じって、地味目の魚だけど見応えありますよ。

キビナゴ群は見えなかったけどメジナやイスズミ・サンノジは相変わらず群れています。

今年は当たり年のミツボシクロスズメ群は多少減った気がします。

でも、まだまだ例年以上にあちこちにいますけどね。

 

アブラヤッコやトラフケボリ、ヒトデヤドリエビ・カザリイソギンチャクエビ、コクテンベンケイハゼ・コケギンポ類などなど。

マクロ系もそこそこ見つかりました。

特に、今まであったことの無いようなキイロイボウミウシのチビには笑っちゃいました。

 

トピックスは「ウミウシカクレエビのペア」。

ナマコの裏に潜んでいるのを久々に見つけました。

ホント綺麗ですね~。ゲストさんも喜んでくれましたよ。

ナマコは嵌まっていた岩の凹みに戻してきたけど、動いちゃうだろうなあ・・。

 

イマイチな透明度が続いているけど2本目の後半明るくなってきてたんで今後に期待です。