良い海になってきましたよ~。

通過直後は大きく掻き回された為に水温が下がったけど今日から安定。透明度も上々でした。

 

8月12日

ウネリはほとんど消え、東寄りの風で波静か。

水温:24~26℃

透明度:8~15m

驚いたことに何処かに避難していたオオモンカエルアンコウ(白)が2mと離れていない場所に戻っていました。以前同様ジュズエダカリナに乗っているので長く楽しませてくれそうです。

アカホシカクレエビも残ってくれていました。

ムラサキウミコチョウ・シロハナガサ・イガグリなどウミウシ類もそこそこ見つかりましたよ。

 

小さなミナミハコフグの幼魚が登場! 南方系の幼魚達にも期待が膨らみますね。

 

「沖の根」の上部は小魚達でいっぱい。

メジナとスズメダイはいつもの通りだけど今日はタカベとイサキが大集合。

特にタカベ。

時折カンパチ軍団が近づくと黄色の帯が目の前をザーって感じで流れていきます。

見ていて飽きの来ることがありません。

 

天気は当てににならないけど海の凪模様はしばらくは静かなようです。

盛夏の伊豆の海をお楽しみ下さい。