ご無沙汰してしまいました

10月に入ってからしばらく更新しませんでした。潜ってなかったわけじゃないんですけどね・・。

海はコンディションの良い状態が続いています。

水温は24~25℃

透明度は10~15m

今週末も東~北東の風が予想されるので安良里地区は静かな凪模様になるでしょう。

外気温は暑くなったりヒンヤリしたり一定しませんが水中はまだまだ夏模様です。

 

多少の当たり外れはあるものの「キビナゴの群れ」が見事です。

カンパチ・イナダが周りを遊泳しているるけど、たまにスイッチが入ると猛然とアタックしています。

クダゴンベ・フタスジリュウキュウスズメ・ミナミハコフグなど南方系の幼魚も健在です。

イソギンチャクの中のエビ類も増えているし、オオアカヒトデには必ずと言っていいほどヒトデヤドリエビが数個体寄生しています。

ワイドもマクロも秋本番の伊豆の海を楽しみに来て下さい。

良い海ですね~。

18号台風通過後は基本的にグッドコンディションが続いていますね。

黒潮大蛇行からの反転枝流が駿河湾に入っているんだと思います。

 

今日の海洋状況

水温:25~26℃

透明度:12~20m

午後から南風が多少強くなったけど水中には影響なし。

気持良~く、の~びりと潜ってきました。

 

トピックスは前々回のブログに載せた「キビナゴシャワー」!!

あの写真のような光景が今日は延々と続きました。

キビナゴがキラキラして、カンパチが追っかけて、ツムブリが追っかけて、ダツまで登場して・・。

我関せずとメジナとイスズミが浮かんでいて・・。

最浅場で岩に掴まりながら気配を消して眺めている景色は、そこに居なければ味わえない至福の一時でした。

 

南方系のチビさんも増えてきましたよ。

今日は「タテジマキンチャクダイ」の幼魚を見つけちゃいました。

4cmくらいしかない「クダゴンベ」。

薬指の爪くらいの「ミナミハコフグ」の幼魚。

急に増えてきた「セダカスズメダイ」のチビさん達。

結構珍しいと思う「フタスジリュウキュウスズメダイ」。

「サラサゴンべ」も数個体居ましたよ。

 

10月いっぱいならこの子達も健在でしょう。

群れも小物もという伊豆のベストシーズンになってきましたよ。

 

好コンディションが続くうちにぜひ遊びに来てください。

昨日はこんなでした。byタケさんフォト。

キビナゴと並走するカンパチ。

カンパチのやる気が感じられませんがスイッチが入ってないときはこんな感じです。

17-09-22kibinago2

 

 

大群の縁が綺麗です。

穴が開いてるところは1尾だけやる気を出したのを感じたんだと思います。

17-09-22kibinago3

 

追い者(カンパチ)は映っていないけど群れが凄い勢いでキビナゴ達が正面から迫ってきました。

スイッチオンした捕食者に追われてパニック状態なんでしょう。

17-09-22kibinago4

 

悔しいかな今日の「沖の根」上部はこんな大騒ぎ状態ではありませんでした。

キビナゴ達はキラキラしていたけど前日の数100分の1くらい。

追い散らかされたあとだったかも知れません。

でも、また集結すると思いますよ。

 

今日の海洋状況。

水温:24~25℃

透明度:10~15m

凪平穏(朝の内北西風が強めだったけれど水中は問題なし。)

久し振りに「キハッソク」と出会いました。

独特の質感がありますね。

ご無沙汰してしまいました。

先週の18号台風を間に挟んで2週間空いてしまいました。

ご無沙汰です。

実は台風報道真っ盛りの先週末の土・日曜日は良いコンディションで潜れていました。

木・金曜日のウネリが大きかったのでお呼びするのを躊躇ったのですが、九州の陰に入ったのか北東の強風がウネリを抑えたのか西伊豆地区の波模様は静かでした。

月・火曜日は大荒れでしたけどね・・。

 

今日は静かな凪模様で、台風後の初ボートです。

水温:25~27℃

透明度:12~20m

相変わらずのグッドコンディション。今週末もこの静かな凪模様が続くはずです。

週末のダイビングをご予定なさってる方々は安心してご期待下さい。

 

「群れ」が良いですね~!!

「沖の根」のキビナゴの群れは、タケさん曰く「億?」ってことです。

カンパチが追っかけているのも嬉しいですね。

黒潮大蛇行の中、反転した支流が入ってるんだと思います。

ここは潜っておかなくちゃ・・って思いますよ。

 

良い海なんだけど・・。

今日の海洋コンディション。

昨日の雨と南西風でのウネリが治まりきれなかったです。

朝までには静かになる予定だったんだけどなあ~。

水温:25~27℃

透明度:8~15m

普段ならまあまあのコンディションですって言うところなんだけど、火曜・水曜が良すぎたんでなんとなく不満。

でも、今週末は基本的に東~北東の風なのでもっと静かな凪模様になるはず。

治まればもっと良くなると思いますよ。

週末情報にご期待下さい。

 

「沖の根」のオオモンカエルアンコウ君は依然行方知れずですが、今日「御黄金」でほぼ同じサイズのオオモン君を見つけました。

色も白だし、同じようにジュズエダカリナに乗っていました。

好みの場所は共通してるんですね。

コンディション最高!!

先週末は操船していることが多くて潜れなかったんですが、「良さ気な潮だなあ~」って思ってたんですよ。

で、今日はガイドのオーダーをいただいてゲストさん4人と海の中へ・・。

 

東寄りの微風でベタ凪状態。

ポイントに向かいながら「良い潮色だな~」思ってはいたんです。

エントリーしてビックリ。驚きました!

 

水温:26~27℃

透明度:20mオーバー

水面から水底がハッキリ見えるし、沖側を見れば「沖の根」が黒い影となって見えています。

伊豆の海じゃないみたいにクリアで暖かい状態。

いつまで続くは分らいけど、ここは潜っておかなくちゃって思わせる海でした。

 

2本目は若干白っぽくなっていたけど、それでも15m以上の透明度。

陽の光が入る浅場で群れと遊ぶのは至福の一時でしたよ。

(1週前にはポツポツしか見られなかったミツボシクロスズメの幼魚達が驚くほど増えていて、この間の環境変化を実感しました。)

15号台風

15号台風が北上中で、今週末のダイビングをご予定されている方々は心配なさっていると思います。

 

経験則から言うと(現状の針路予想なら)・・。

統計140度線以東を北上する台風の場合、西伊豆地区の凪模様は安定している事が多いんです。

台風からのウネリは伊豆半島そのものがブロックしてくれるので、西伊豆地区まで回り込むことは少ないし、例え届いても小さくなっているはずです。

風向きも北上するにつれて、東→北東→北→北西となっていき、この風ならこの地区の波は高くなりません。

結論的にはこの週末の安良里地区でのダイビングは、ボートもビーチも可能だろうと思います。

 

ただ、相手は台風ですので急な針路変更や発達があるかもしれません。

上記の予想は現状でのことなので、ご予定されている方はお問い合わせをお勧めします。

オオモンカエルアンコウ君、再復活!

7月初旬から5号台風までみんなを楽しませてくれたオオモンカエルアンコウ君。

台風でどこかに避難した後、ほぼ同じ場所に再登場。(あまり例がないんですよ。)

先週の頭にまた行方不明になったんですが、昨日潜ったショップさんが再々発見してくれました。

今日は自分で潜って確認してきましたよ。

相変わらずジュズエダカリナに乗っているのでしばらくは楽しませてくれそうです。

水温:22~25℃

透明度:5~10m 透明度はちょっと落ちてましたね。

マクロ系の生物達は・・

ニシキウミウシの幼体・ミナミハコフグの幼魚・アカホシカクレエビ・ヒメイソギンチャクエビ・ハナキンチャクフグ・ガラスハゼ・フトスジイレズミハゼ・トラフケボリタカラガイ・クマノミのチビさん・ミツボシクロスズメのチビさん・チシオ&トウシマコケギンポ・オトヒメエビ(抱卵中)などなど。

それから、ゲストさんから「最近オルトマンワラエビ(ムギワラエビ)を見ていないんだ。」とのリクエストがあったので、サビカラマツの中を探したら結構居ましたよ。

少なくなった気がしていたけどそうでもないみたいですね。

上記した生物達はリクエスト頂ければご案内できると思います。

個人的な今日一は「西の根」のマダイ群と「沖の根」のキンギョハナダイ群ですね。

マダイは50~70cmクラスが8~10個体。なんで集合してるの?って感じでした。

キンギョハナダイは常駐してるんだけど、今日は密集度が高かった気がします。

盛夏の8月は終わろうとしていますが、伊豆のハイシーズンは9~11月。

季節来遊魚も増え透明度も上がる、これからがトップシーズンですよ。

やっぱり潜んなきゃ。

昨日のお約束通り今日は潜ってきましたよ。

晴れたり曇ったりの空模様。風は南西の風。午後からは少し力が出てきたけど全く問題なし。

波酔い・船酔いに弱い方でも大丈夫な海洋状況でした。

 

浅場はちょっと白っぽくなっていたけど、透明度は8~12m。

水温は深場が少し冷たくて22℃。(ここの透明度は15mくらいありました。)

浅場は26~27℃。

熱い体を18m以深で冷やしてからの浅場での温泉気分。

グッドコンディションですね~。

 

マクロ系もいろいろだけど、今なら「群れ」がお勧めです。

うざったいほどのメジナ。

彩りを添えるキンギョハナダイとソラスズメ。

黄色い帯が鮮やかなタカベ。(こいつが流れる様には目を奪われますよ。)

今日はそこにカタクチイワシの群れ。

これを襲うカンパチ軍団。

「沖の根」の上部はいつまでもここに居たい・・って思うほどの大騒ぎ状態でした。

 

いろんな都合で操船していることが多かったけど、やっぱ潜んなきゃね~。

潜ってる間は陸上でのことは全く忘れられるから・・。非日常の世界にどうぞお越し下さい。

お盆休暇終了。

前回の投稿から1週間あまり経ってしまいました。

東京地方は雨模様が多かったみたいだけど、当地は結構晴れ間も有り酷い雨は無かったんです。

恒例の安良里や土肥の花火・漁船パレード・盆踊り大会も無事に開催されました。

 

お盆休暇の間は良い海が続いていましたよ~!!

基本的に水温は24~26℃。

透明度は8~15m。

波も静かで夏場の伊豆としては珍しいくらいの好コンディションでした。

この先もしばらくは良い状態が続くと思いますよ。

 

 

操船していることが多かったので自分の目で見た水中情報はお伝え出来ませんが、潜った方々には喜んで頂けたようです。

魚の量が多くなっていて小魚に囲まれるダイビングが楽しめます。

透明度が良いのでソフトコーラルも色鮮やかだし、マクロ系がお好きな方にはウミウシ類も人気です。

南方系の魚達もそろそろ出てきた様子。

ミナミハコフグのちび・新着のクマノミやミツボシクロスズメ・ツノダシ・ハナキンチャクフグ・ベラの幼魚達・イソギンチャクの中のエビ類などなど・・。

報告例が多々ありました。

 

明日はガイドのオーダーが入っているので自分でも潜って見ることが出来るでしょう。

明は日また更新しますよ。

自分でも楽しみです。